マイ見積は、クラウドサービスとオンプレミスに対応しています。それぞれの違いを解説します。(マイ見積の場合の解説ですので、クラウド一般に当てはまるとは限りません。)

クラウドサービスとは

ざっくり言うと、クラウドサービスとは、ソフトウェアや、ソフトウェアで扱うデータをインターネット上に保管しておき、インターネットに接続できる環境であればどこからでも利用できるサービスのことです。

インフラを提供するものも当然クラウドサービスで、IaaS(Infrastructure as a Service)と呼ばれています。マイ見積は、ソフトウェアパッケージを提供するSaas(Software as a Service)になります。

クラウドサービスのメリット

マイ見積クラウドサービスは、下記のようなメリットがあります。

  • 即日利用可能
  • メンテナンス不要
  • 初期費用不要

即日利用可能 - 既に稼動しているマイ見積にアカウント登録するので、即日利用可能です。利用料金もPayPalで即時決済できるので、金融機関休業日でも利用開始できます。

メンテナンス不要 - 弊社でメンテナンス作業やアップデート作業を行うため、利用者側での作業が不要です。

初期費用不要 - マイ見積クラウドサービス利用開始時には、特別な作業が発生しません。このため、クラウド版では初期費用をいただきません。クラウドサービスの利用期間に比例した料金のみを受け取ります。

クラウドサービスのデメリット

以下のようなデメリットがありますので、あらかじめご了承ください。

  • カスタマイズの制限
  • サーバー負荷による制限
  • メンテナンス時間

カスタマイズの制限 - 多くのユーザーが利用するクラウドサービスという性質上、個々の顧客の要望には応じられないことがあります。ただし弊社ではプレミアムプラン利用者には開発中サービスのアカウントを発行し、利用者からのフィードバックを参考に機能追加や改善を行っております。

サーバー負荷による制限 - こちらも多くのユーザーが利用するという性質上、フォームの数や項目数に上限を設定させていただいております。

メンテナンス時間 - 弊社にてメンテナンス時間を設定します。なるべく影響の少ない日・時間帯を選びますが、全ユーザーに好ましい日時に行える保証はありません。


オンプレミスとは

ざっくり言うと、オンプレミスとは、利用者の用意するサーバー上でソフトウェアを動かす方式です。

クラウド - 賃貸のアパートやマンション
オンプレミス - 分譲戸建

と考えると分かりやすいかもしれません。


オンプレミスのメリット

    マイ見積オンプレミスは、下記のようなメリットがあります。

    • カスタマイズが自由
    • メンテナンス時間

    カスタマイズが自由 - オンプレミス版では、マイ見積のフォーム機能に独自デザインを追加して利用できます。またサーバーの性能次第ですが、フォーム数や項目数も自由に増やすことができます。またベースシステム(concrete5)の機能により、グループ毎の価格設定(得意先には割引したりオプション付与したり、等)ができます。

    メンテナンス時間 - 御社の業務時間に合わせてメンテナンス時間をお選びいただけます。

    オンプレミスのデメリット

    以下のようなデメリットがありますので、あらかじめご了承ください。

      • サーバー費用
      • 初期費用
      • 導入までの時間

      サーバー費用 - オンプレミスでは、お客様にサーバーをご用意していただきます。調達・運用費用はお客様負担となります。

      初期費用 - サーバーの確認やソフトウェア導入作業が発生するため、その費用をいただきます。

      導入までの時間 - なるべく早く稼動開始できるように努めますが、クラウドとは異なり即日開始というわけにはいきません。