今さらきけないシリーズ、今回は印鑑登録についてです。

個人の場合

個人の場合は、居住する自治体に届け出で、印鑑登録を行います。自治体により詳細は異なりますが、だいたい、以下のような決まりがあります。

  • 一人一本のみ、登録できる
  • 大きさは8mm~25mm
  • 他人が登録していないもの

他人が登録している場合は、受け付けてもらえませんので、家族で同じ印鑑を共有したい、と考えても、認められません。また、大量生産されている印鑑(いわゆる三文判)だと、登録を受け付けてもらえないことがあります。結婚で名字が変わっている場合、旧姓での登録は認められないようです。

印鑑登録した印鑑は、実印と呼ぶこともあります。他によくあるものとしては、

  • 銀行印 - 銀行に届け出た印鑑
  • 認印 - 普段使う印鑑
  • 訂正印 - 誤字を訂正する場合に使う印鑑

などがあります。

通常の書類であれば、認印を押せばよいことが多いです。不動産契約などでは、実印の押印と印鑑証明書が必要になることが多いです。

法人の場合

会社を設立するときに、印鑑登録も一緒に行います。商業登記法9条によると、

  • 大きさが1cm~3cm

という決まりがあります。

法人の場合は、実印のほかに、

  • 銀行印 - 銀行に届け出た印鑑
  • 角印 - 普段使う印鑑

などがあります。見積書には、慣習として角印を押すことが多いようです。

マイ見積での印鑑

マイ見積では、見積設定画面でPDFの設定ができ、印鑑の画像アップロード機能も用意されています。(画像はjpgまたはpngファイル。)アップロードされた画像をPDF中に取り込んでPDFを作成するので、印鑑で押印したように見える見積書PDFを作成することができます。

取引先によっては、見積書や請求書を発行するとき、印刷したものに押印を要求されることがあります。見積書や請求書を発行するときは確認しておくようにしましょう。