WordPress プラグインで見積もりフォーム?

WordPress プラグインで検索すると、計算フォームを作成できるプラグインがいくつかあります。無料のものも有料のものもありますが、公式サイトに掲載されているものであれば無料です。

システム管理の負担を考えよう

WordPressプラグインを利用する場合は、導入したら終わりではありません。継続して利用するため、保守について考えておかなければなりません。

●自社内にウェブエンジニアやプログラマが居る

この場合は、自社内でWordPressのメンテナンスができますね。なので、WordPressプラグインで見積もりフォームを導入すればコストもかからなくて便利だと思います。

●ホームページ制作会社にWordPressの管理を委託している

この場合は、保守管理の金額次第ですね。プラグインを追加したときに保守管理費用がどれくらいになるのか?次第だと思われます。

さて、上のように、ウェブサイト運営を任せられる人・会社がいるのであれば、問題はありません。しかし、現実にはそうでないこともあります。

ウェブサービスなら、管理の手間がかからない

ウェブサービスで見積もりフォームを導入してみたらどうでしょうか?ウェブサービスを利用するだけで良く、管理する手間はかかりません。

  • 自社内にウェブエンジニア・プログラマがいない
  • ホームページ制作会社に保守管理を委託していない

このような場合でも、ウェブサービスの利用料だけで、安心してご利用いただけます。