今さら聞けないシリーズ、今回はSSLです。

SSLとは、secure sockets layerの略です。インターネットで通信するときのデータを暗号化する仕組みのことをいいます。

たとえば通販サイトで商品を買う場合、名前や住所や電話番号などを書きますね。もし、これらの個人情報が漏れたら困りますね。悪用されたら大変です。そうならないように、SSLを用いて暗号化するわけです。

SSLはサイト運営者が設定する

SSLは、ウェブサイト運営者が設定します。このため、ホームページを訪問する側は、直接対策することはできません。とはいえ、ホームページから情報漏えいしたら困りますね。「直接対策できないから何もしない」ではなく、「直接対策できなくても、可能な範囲で自衛する」のが好ましいですね。

訪問者側の自衛手段としては、間接的ではありますが、「訪問したホームページがSSLかどうか」を確認して利用する、が推奨されます。もし、訪問したホームページがSSLでなかった場合は、住所やクレジットカード番号などは入力しないようにすれば良いわけです。

では、どうやって確認したらよいでしょうか?


SSLかどうかを確認する方法

SSLかどうかを確認する方法は、簡単です。訪問するホームページをブラウザで表示します。

SSL対応のホームページ

画面の上のほうに、訪問しているページのURLが表示されます。上の画像では、https://my-mitsu.jp となっています。その左側を見てみましょう。ここに、鍵マークが表示されている場合、SSL対応しています。(下の画像の矢印部分)

SSL確認

SSLなら安全か?

SSLになっていれば、個人情報を第三者が盗み見て悪用する可能性は、ゼロに近くなります。悪用するには、通信を傍受するだけでなく、暗号を破る必要もあるので大変です。

ただし、これはあくまで第三者の場合です。訪問したホームページでは、当然ですが個人情報が閲覧できます。通販サイトが不正利用する可能性はありますので、怪しいサイト(例えば、運営会社が表記されていない、住所が表記されていない、等)には近づかない、という対策も必要になります。