マイ見積で作成した自動計算フォームを、WordPressで作ったホームページに埋め込みできます。プラグインでWordPressにマイ見積を埋め込みすることで、見積書を作成できるようになります。

ホームページに埋め込み可能

マイ見積は、原則として全てのホームページに埋め込みできます。 <iframe src="https://my-mitsu.jp/estimation/274"></iframe>のような、HTMLタグをタグを入力することで、WordPressや、Wixや、Jimdoや、ペライチで作ったホームページに埋め込むことができます。もちろん、リンクを貼っていただく方法も可能です。訪問者に1クリック余分に操作してもらう必要はありますが、一番簡単な方法ではあります。

HTMLコードを書く?

もちろん、HTMLコードを書ける方もおられるでしょう。しかし、HTMLを勉強するのは面倒だ、という方もおられるでしょう。また、HTMLを書ける方であっても、タグを記述するのは手間な場合があります。そのような場合に、WordPressプラグインが役立ちます。

WordPress公式サイトに登録されているプラグインOembed for My Mitsu Estimation Formを導入すると、HTMLを書く手間が省けます。投稿本文中で

https://my-mitsu.jp/estimation/274

のように、リンクURLを記述すると、プラグインの機能により変換され、見積もりフォームを埋め込むことができます。

埋め込みフォームの幅は自動調整

見積書作成フォームが埋め込みされますが、その時、WordPressの記事本文の幅のサイズに合わせて、幅を自動調整します。

スピーディな商談に

通常のホームページ+問い合わせフォームという形式だと、

[訪問者]問い合わせから見積り依頼 => [企業の担当者]見積書を作成して、返信

というステップです。わざわざ依頼してくれた見込み客に対して、見積書を提示するまでに時間がかかります。一方で、マイ見積を導入すれば、顧客を待たせずに見積書を提示できます。自社ホームページで、見込み客に素早く見積書を提示でき、スピーディーに商談が進められます。

レビューを書くと50%OFF