マイ見積で作成した自動見積フォームを、ご自分のホームページ上に埋め込み可能にしました。従来はリンクURLを記載して、移動してもらう必要がありましたが、

<iframe src="ページのURL" width="" height="高さ"></iframe>

と記述していただくと、自動見積フォームを埋め込み、自社ホームページ上で見積書発行ができます。WordPresswix、jimdo、ペライチ、pulsecms等で作成したホームページに埋め込み可能です。ホームページ作成サービスでは、HTMLが記述できるプランをご利用ください。

なお、当サイトはconcrete5で構築されています。

実際に埋め込みした例

<iframe src="https://my-mitsu.jp/estimation/274" width="320" height="400"></iframe> と記述すると、下記のようにホームページに埋め込みできます。

CMSへのプラグイン対応

現在、pulsecmsアドオンとWordPressプラグインを作成し、無償公開しています。通常はhtmlタグを入力する必要があるところを、これらのアドオン・プラグインを導入すれば、より簡単に見積書発行フォームを埋め込み可能になります。

※その他のCMSも、開発元より要請を受けた場合はプラグインを作成いたします。