5000円以上で送料無料にする見積フォーム

料金5,000円以上で送料無料にする自動見積もりフォーム例です。

  • 商品1と商品2の合計金額が1~4999円なら、送料500円加算

という見積例を作ってみました。

商品1

商品2

商品1、商品2を設定しています。

合計金額による条件設定

合計金額設定

送料は5,000円以上無料としたいです。特殊な項目名totalを使います。totalには、合計金額(ここの直前までの合計金額)の値です。↑の例では、total1以上total5000未満という2つの条件を指定しています。こうすることで、料金が5,000円以上なら送料無料になります。

他の見積例
広告募集見積書発行フォームです。広告期間をカレンダーから選択できます。
古物商許可申請の書類作成の見積書作成例。行政書士向けに、消費税課税・非課税を項目ごとに分けて集計してみる。
翻訳者の方の見積例です。翻訳者以外にも、ライター、テープ起こし等、従量制でお仕事を請けている方は参考になると思います。