5000円以上で送料無料にする見積フォーム

料金5,000円以上で送料無料にする自動見積もりフォーム例です。

  • 商品1と商品2の合計金額が1~4999円なら、送料500円加算

という見積例を作ってみました。

商品1

商品2

商品1、商品2を設定しています。

合計金額による条件設定

合計金額設定

送料は5,000円以上無料としたいです。特殊な項目名totalを使います。totalには、合計金額(ここの直前までの合計金額)の値です。↑の例では、total1以上total5000未満という2つの条件を指定しています。こうすることで、料金が5,000円以上なら送料無料になります。

他の見積例
#
家事代行サービスの見積例
家事代行サービスの見積例です。回数が増えるほど単価が下がる仕組みをフォームに実装します。
#
自動車教習料金の計算
自動車教習料金の計算と見積書発行例です。個人客が多いと思われるので、見積もりフォームでは会社名を非表示にする設定を行っています。
#
iPhone修理料金見積
iPhoneの修理料金の見積もり例です。見積もり計算としては簡単な部類だと思われます。