5000円以上で送料無料にする見積フォーム

料金5,000円以上で送料無料にする自動見積もりフォーム例です。

  • 商品1と商品2の合計金額が1~4999円なら、送料500円加算

という見積例を作ってみました。

商品1

商品2

商品1、商品2を設定しています。

合計金額による条件設定

合計金額設定

送料は5,000円以上無料としたいです。特殊な項目名totalを使います。totalには、合計金額(ここの直前までの合計金額)の値です。↑の例では、total1以上total5000未満という2つの条件を指定しています。こうすることで、料金が5,000円以上なら送料無料になります。

他の見積例
#
学習塾費用シミュレーター
学習塾費用シミュレーターです。学年、授業回数を入力して料金自動計算できます。
#
商標登録見積例
弁理士の方向け商標登録見積例。特許庁への費用は非課税、弁理士手数料は課税対象で集計。
#
芝刈り代行の見積フォーム
縦横の計算や、単位の換算を活用した見積もり例です。 縦・横をメートルで入力してもらう 坪数に換算して費用を算出(隠しフォームの活用)