派遣事業の見積例

派遣事業の見積例です。派遣社員は、当初はプログラマ、エンジニア、デザイナー、通訳翻訳、秘書、書籍編集、など、専門性の高い26業種に限定されていましたが、現在は様々な業種で行われています。

派遣日数 × 一日の勤務時間 × 一時間当たりの派遣料金

の計算が必要になります。

マイ見積では、直接3つの項目を計算することはできませんが、まず

派遣日数 × 一日の勤務時間 = 一ヶ月の労働時間

を計算することで、労働時間を計算します。さらに、

一ヶ月の労働時間 x 時給

を料金することで、料金計算が可能になります。

計算式の説明です。

勤務日数

勤務日数を入力してもらうフォームです。計算の設定で、「集計しない」を選択すると、見積金額に加算されません。

 

一日の勤務時間も同様に計算します。こちらも計算の設定で「集計しない」を選択します。内部では「勤務日数」×「一日の勤務時間」つまり一ヶ月の勤務時間を計算しますが、合計の集計には使いません。

 

派遣社員の時給

会員種別の選択です。ここでは「一般」「レンタルオフィス会員」の2種類を用意して、異なる派遣単価を設定できるようにしています。
計算の個数欄にNumber1_Resultがありますが、_Resultは特殊な設定で、Number1_Resultのように項目名の後ろに付けると、その項目の計算結果(この例の場合は、Number1の計算結果 = 一ヶ月の勤務時間)を取得します。