#
2017/05/23 14:07
ホームページに価格表を掲載している会社、よく見かけますね。価格が分かると、発注相談する側は安心できます。では、価格表を、さらに効果のあるものにするには?
#
2017/05/17 10:39
マイ見積では、オプション設定(条件分岐設定)ができるため、特定の選択肢を選んだ場合にのみ何か処理をする、ということができます。今回は、「チラシデザインも名刺デザインも依頼する」場合、「両方依頼で割引」という設定にしています。
#
2017/04/24 16:33
WordPressで作ったホームページには、プラグインでマイ見積を埋め込みできます。自社ホームページで、見込み客に素早く見積書を提示でき、スピーディーに商談が進められます。
#
2017/04/11 13:13
マイ見積を導入すると、「発注側がホームページ閲覧 => 発注側がその場で見積を作る」となります。発注側が欲しいと思ったときに見積書が発行できます。受注側視点で考えると、「ホームページを、見込み客に対応し、すばやく見積書を出す営業マンにする」というイメージです。
#
2017/03/29 14:27
闇雲に宣伝するよりも、特定の条件に合致した人に、その人向けの内容を宣伝したほうが効率が良いですよね。​この仕組みを可能にするシステムがマーケティングオートメーションです。
#
2017/03/08 16:35
マイ見積は、クラウドサービスとオンプレミスに対応しています。それぞれの違いを解説します。(マイ見積の場合の解説ですので、クラウド一般に当てはまるとは限りません。)
#
2017/03/01 19:03
見積書を作成するとき、金額を記入することが多いですね。金額を手入力する場合、数字を打ち間違えたり、0の個数を間違えたり、といったミスをしてしまうかもしれません。手作業だとミスの可能性が出てきます。
#
2017/02/06 18:41
補助金とは、国や地方自治体などが費用の一部を補助するものです。企業や個人事業主の事業をサポートするためのものを中心に紹介します。
#
2017/01/12 14:11
印鑑登録について。実印、銀行印、認印など、いろんな印鑑があります。
#
2016/12/26 9:36
PDFは、portable document formatの頭文字をとった物で、紙へ印刷する時の状態(表示)とほぼ同じです。 Excelで作成した資料を印刷してみたらズレていた、文字の一部が印刷されなかった、など経験した方もおられるかもしれませんね。PDFなら安心です。

マイ見積を体験

下記フォームで項目を選択いただきますと、実際に見積書を発行することができます。

見積例

最近見たページ