#
2017/04/11 13:13
マイ見積を導入すると、「発注側がホームページ閲覧 => 発注側がその場で見積を作る」となります。発注側が欲しいと思ったときに見積書が発行できます。受注側視点で考えると、「ホームページを、見込み客に対応し、すばやく見積書を出す営業マンにする」というイメージです。
#
2017/03/29 14:27
闇雲に宣伝するよりも、特定の条件に合致した人に、その人向けの内容を宣伝したほうが効率が良いですよね。​この仕組みを可能にするシステムがマーケティングオートメーションです。
#
2017/03/08 16:35
マイ見積は、クラウドサービスとオンプレミスに対応しています。それぞれの違いを解説します。(マイ見積の場合の解説ですので、クラウド一般に当てはまるとは限りません。)
#
2017/03/01 19:03
見積書を作成するとき、金額を記入することが多いですね。金額を手入力する場合、数字を打ち間違えたり、0の個数を間違えたり、といったミスをしてしまうかもしれません。手作業だとミスの可能性が出てきます。
#
2017/02/06 18:41
補助金とは、国や地方自治体などが費用の一部を補助するものです。企業や個人事業主の事業をサポートするためのものを中心に紹介します。
#
2017/01/12 14:11
印鑑登録について。実印、銀行印、認印など、いろんな印鑑があります。
#
2016/12/26 9:36
PDFは、portable document formatの頭文字をとった物で、紙へ印刷する時の状態(表示)とほぼ同じです。 Excelで作成した資料を印刷してみたらズレていた、文字の一部が印刷されなかった、など経験した方もおられるかもしれませんね。PDFなら安心です。
#
2016/12/12 14:06
PulseCMSでは、HTMLテンプレートを自分で好きなように設定できます。もちろん、WordPressなどでも同様に可能ですが、PulseCMSだと、HTMLデータに手を加える量がかなり少なくてすむようです。実際、公式サイトのShowcaseでは、デザイン性を重視したウェブサイトが多く登録されています。
#
2016/12/01 16:13
インタビュー形式で記述するプレスリリース。「〜〜じゃないですか。」「〜〜と思うんですね。」など、くだけた言い回しが使いやすいです。このため、読みやすい文体で書くことができます。また、インタビュアーが質問し、答える、という形式なので、必然的に短い段落が複数組み合わさる形になるので、この点でも読みやすくなりますね。
#
2016/11/30 13:56
​事務で使う紙のサイズは、A4が多いと思います。では、用紙サイズ、あらためて気にしたことはありますか?A4サイズは、210 mm × 297 mm​ となっています。

マイ見積を体験

下記フォームで項目を選択いただきますと、実際に見積書を発行することができます。


最近見たページ